Loading...

名古屋東急ホテル

Our Work

私たちの仕事

食堂 コーヒーハウス
食堂 コーヒーハウス
毎日変化のある仕事を楽しんでいます

現在コーヒーハウス「モンマルトル」でサービス業務に就いています。コーヒーハウスは早朝から深夜まで営業をしていますが、朝はご宿泊客のお客様が、昼夜は地元のお客様と、営業時間帯でお客様の層も変わりますのでそれぞれのニーズにあった接客が求められるということが難しい点でもあり、楽しさにも繋がっています。
仕事の喜びややりがいを感じることはたくさんあります。一番嬉しいのはお客様に「ありがとう」という言葉をいただいた時です。感謝の気持ちを表してくださった時は気持ちが通じたと感じることができて素直に嬉しいですし、より良いサービスをしようという私自身のモチベーションにもなります。
また、仕事は大変ですが、毎日お客様が変わりますから毎日同じ仕事を繰り返しているわけではありません。同じ料理を提供するにしてもお客様それぞれ反応が違いますから、接客を通して小さな感動をたくさんいただいています。もっとも失敗もたくさんあります。「もっとああすれば」「こうしたほうが良かったかな」など、毎日葛藤はありますし、お客様にお叱りを頂戴することもあります。
最近は外国人のお客様も増えてきていますし、幅広い世代の方がご利用になりますので、もっと料理の知識やサービス技術のレベルアップをしたいと考えています。

食堂 コーヒーハウス
女性が永く働ける環境も用意されています
女性が永く働ける環境も用意されています

私は子育てをしながら仕事を続けていますが、仕事と家庭の両立は想像以上に大変だと感じました。子育てに理解を持ってくれている同僚たちに恵まれ、働きやすい環境を提供してくれるのでがんばれます。ただ、体力を使う仕事なので仕事を終えて疲れて帰宅後、子どもとゆっくり遊べる時間はあまり多くはありません。でもその分一緒にいられる時間を大切にするようにしています。
また、産前産後休業や育児休業などの制度がしっかりしていますし、子どもが小学校3年生まで時短勤務ができることも大きな助けになっています。なにより人事・総務の女性担当者が細かな点までキチンと対応してくださり、自分に負担のないように動いてくださるのはありがたかったです。

ホテルへの就職を考えている学生の皆さんへのアドバイスは、ホテルの仕事は体力面でもハードですが、それ以上に接客業特有の楽しみやわくわく感をもつことができる仕事だということです。高いスキルを持ったアソシエイツも大勢いますから、高いスキルを身につけることや大きなステージで活躍する開かれた道も用意されています。